バンドマンがバンドの話をしないブログ(多分)

適当なことしか言いません。

アオイツキヲミテタ1stアルバム「バンド・デシネ」セルフライナーノーツ

どうも。ふぁずです。

例大祭はありがとうございました。

たくさんの方にお越しいただき、新譜を手にとっていただけて本当に嬉しいです。

そんな新譜「バンド・デシネ」のセルフライナーノーツを今更書きます。

 


 

・コンセプト

 

まず、コンセプトなんですが、このアルバムを製作するきっかけになったのが「バンド・デシネ」というモノ、言葉、文化を知った事でした。

そもそも「バンド・デシネ」というのは、ベルギーやフランスの地域の漫画の事だそうです。(フランス語で「bande dessinée」と表記します。)

「描かれた帯」という意味のフランス語に基づくそうです。

漫画の方(アルバム中ではこれを書物として捉えています)の意味合いと、「描かれた帯」という意味合いを6:4くらいの比重で作中に紛れ込ませたり(作中のどこかにアルバムタイトルがなぜこの言葉なのかというのを分かりやすく配置したい性格なので。)しました。

上記の事はあくまで「どのように製作していくか」という事です。

込めたメッセージ性というかそういう類のものはというと、アルバムやEP単位で全体でのメッセージはあまり考えない派なので実は今回もそこまできちんとあるわけではないのですが、アルバムの収録曲の中できっちりメッセージ性やコンセプトを明言(ポエトリーなので)しています。

 


 

・各曲解説

 

・Tr.1「fée」

この曲は、本当にただ幕開けの役割をしているだけです。タイトルはフランス語で「妖精」という意味です。ルーネイトエルフのアレンジをしたかったからした、という感じです。

 

・Tr.2「black out」

この曲は、アルバムの中で一番出来がいいですし、佐古さんのポエトリーもばっちりいい感じにハマッていると思っています。歌詞もサクサク書けた記憶があるし、特に苦労することなく仕上がりました。歌詞の内容はその時自分が思っている事を書いただけです。

 

・Tr.3「Isolation ft. 三齢」

Elf-Cup 3 Ageの三齢さんに歌詞と歌唱とギターソロをやってもらった曲です。アルバムの中で音の雰囲気とかは一番優しいかもしれないです。三齢さんの書く歌詞は本当に素晴らしいですね。いつも無茶振りに応えていただいてありがとうございます。

 

・Tr.4「1572」

これは東方アレンジ曲ではなく、ただ自分がポエトリーしてるだけの曲です。曲のタイトルの意味は次のTr.5の解説で触れます。この曲とTr.5は繋がっていますので。

 

・Tr.5「夜鷹の星」

タイトルから察することが出来ると思うのですが、宮沢賢治の短編小説「よだかの星」に影響を受けて作った曲です。影響を受けたというか、この曲の原曲はおてんば恋娘ですが、そのチルノとよだかの星の主人公・よだかがどことなく重なって見えて、この曲を作った次第です。

Tr.4「1572」とリンクしてるのですが、この「1572」とは、「よだかの星」のモデルというか連想させる星とされている「チコの星(ティコの星とも)」の別名称「SN 1572」から取っています。

聴き所は、あきらくんのギターソロです。

 

・Tr.6「soft tonic #27(Find Your Way cover)」

これは、Find Your Wayの楽曲のカヴァーです。Vetoさん、快く許可してくれてありがとうございました。

カヴァーは初めてだったのでだいぶ悩みながら作りました。でも、この曲で佐古さんの実力を感じられるのではないでしょうか。ボーカルRECの時は、上手いことは分かっていたのですが、改めて佐古さんの歌唱力に驚かされたのを覚えています。

 

・Tr.7「金盞花」

アルバムジャケットの魔理沙が手に持っているのが金盞花だったりします。曲の内容としては、仲間との決別とかそういうのがテーマだったりします。

 

・Tr.8「足跡(Rerecording)」

過去の曲の再録なので特に説明することはありません。

 

・Tr.9「君の目」

Tr.10とリンクしてるポエトリーです。

 

・Tr.10「暗翳」

アルバムの製作期間で一番最初に作った曲です。メッセージやコンセプトはTr.9でポエトリーしてることそのものです。

 

・Tr.11「hollyhock」

曲調はシリアスですが、メッセージ的にはポジティブです。タイトルは日本語で「立葵」。花の名前です。製作期間で一番最後に作りました。

 

・Tr.12「バンド・デシネ」

この曲でポエトリーしてる内容を聴けばこのアルバムのコンセプトとかが大体分かります。

 


 

 

p>以上です。この記事を読みながらもう一度アルバムを聴き直すとまた違った風に聴こえるかもしれないですし、是非お試しください。

さて、オツキミの今後の予定は決まってないですが、色々考えてはいます。俺自身の活動も色々あるのでそちらもお楽しみに。そして、俺が運営するクリエイター情報ブログ「アイデンティティー」の方も再開予定なのでお楽しみに。

では。

 

soundcloud.com

 

 

 

アオイツキヲミテタ春例大祭頒布予定新譜「バンド・デシネ」詳細

どうも。ふぁずです。こちらのブログを更新するのは久しぶりですね。

 

さて、俺がリーダーとギターと作詞作曲とボーカルを担当してるバンド「アオイツキヲミテタ」の、5/6に行われます春例大祭にて頒布予定の新譜バンド・デシネ」が完成しました。

 

今回は、初のフルアルバムです。12曲入り1000円。スペースは「H25b」。こういった詳細はこの記事の最後にも載せます。

 

ジャケットはこんな感じ。サポートメンバーの佐古に描いてもらいました。

f:id:fuzzdesuyo:20180422183129p:plain

 

このフルアルバムの注目ポイントは、

 

・新編成後初の音源であり、ボーカルとアートワーク担当の佐古の歌声が聴けたり、ギター担当の泣きのギターソロが聴ける。

・Elf-Cup 3 Ageの三齢氏にゲスト参加(作詞、ボーカル、ギターソロ)して頂いている。

・アメリカのサークルFind Your Wayの楽曲をカヴァーさせて頂いている。

 

です。それ以外にも、いつものオツキミとは違ったこともやりつつ、軸はブレずにやっている感じです。

 

特設サイトはこちら↓

otsukimibandedessinee.tumblr.com

 

試聴はこちら↓

soundcloud.com

 

ニコニコにも試聴動画をアップしてます↓

 

そして、フルアルバムの中からぜひ聴いて貰いたい2曲を先行公開しましたのでそちらもぜひ聴いてください!↓

soundcloud.com

 

soundcloud.com

 

ちなみに、アルバムタイトルの「バンド・デシネ」は、フランスやベルギーを中心とした地域の漫画の事で、「描かれた帯」という意味のフランス語から来ているそうです。今回はこの「描かれた帯」という意味からタイトルにしました。さらに細かい詳細は、音源を聴けば分かるかもしれません。

 

んで、今回は、バンドロゴの缶バッジやステッカーも頒布します!こちらもよろしく。

f:id:fuzzdesuyo:20180422184557p:plain

f:id:fuzzdesuyo:20180422184603p:plain

 

それでは、最後に新譜の詳細を載せて終わりにします。

例大祭当日はよろしくお願いします!では。

 

 

[アオイツキヲミテタ新譜]

1stフルアルバム「バンド・デシネ」

頒布イベント:2018.5/6(日)開催 第十五回博麗神社例大祭

頒布スペース:H25b アオイツキヲミテタ

仕様・内容:12曲入、手焼きCD、紙ジャケット

頒布価格:1000円

 

最近の話

どうも。ふぁずです。

久しぶりに普通のブログを更新。

最近は、アイデンティティーの方の更新ペースが遅くなっていますが、バンドの新譜製作の方が忙しくて、中々更新出来る時間がない状況です、ごめんなさい。新譜は5/6の春例大祭で出すものですから、5/6以降はペースが元に確実に戻ります。よろしくお願いします。

 

新譜、ようやく製作の終わりが見えてきました。初めてのフルアルバムです。詳細はまだ言えませんが、アオイツキヲミテタ史上最高の出来になると確信しています。

色々落ち着いたら、ライブも年内に1回くらいはしたいなあと思っていたりします。スタジオライブがいいですね。スタジオライブってやったことないので。でも、見に行ったことはあるのですが、バンドと客の距離とか、広さとかが自分にはちょうど良く感じるし、チケット代も、ドリンク代がないから単純明快で好きです。

でも、アオイツキヲミテタはありがたいことに海外の方々から高く評価して頂いてるので、海外でもいつかライブしてみたいです。海外のファンや、友達が住んでる国、地域は全て周りたい。

 

そういえば最近、とある案件の為に「Slack」というアプリケーションを使い始めたのですが、自分にはかなり合います。簡単に言えばビジネス向けのチャットアプリ(有料で通話が出来たりするらしい)なんですが、雰囲気が好きなのと、一つのグループで、さらに色んなスレッド(チャンネルと言う)が立てられたりとか、そこそこ便利というか俺が好きな感じの機能が備わってる感じです。一つ余計だなあと思う部分は、アプリケーションを閉じたときとかbotとのチャットの文がフランクすぎることですかね。アレはいらない。でも、おすすめですよ。バンドとかサークルとかでも活用できるんじゃないかな。ラインみたいなとっ散らかり(俺はそう思う)感ないし。

 

これまた最近の話ですが、久しぶりに新しく服を買いました。自分は所謂ストリート系と呼ばれたりするような服装が好きなので、安直ですが渋谷に行って買い物してきました。渋谷にある「Subciety」というブランドに憧れがあり、ようやくジャケットを手に入れました。この先、季節的にあと何回着れるかわからないけど。数回着て次は秋が深まるころかな。でも一番欲しかったものなので、買う時期は気にしないです。

この先の季節に向けた服は元々多く持ってるし、3/18のバンドのRecの時にサポートメンバーの佐古さんから誕生日プレゼントとしてTシャツを頂いたので、特に心配ないでしょう。と言いつつ色々欲しくなるんだろうなあ。

 

後は、今ハムバッカーを積んだギターが欲しいです。レスポールじゃなくてもいいです。似合わないので。昔、フェンダーのカスタムテレキャスターFMT HHという所謂テレギブ的なギターを持っていたいたのですが、そういうのがいいですね。今自分の手持ちでまともなギターは全部シングルコイルが載っているので、やっているジャンル的にやっぱりハムバッカーのサウンドが恋しくなるわけです。いつになるかは分からないですが、新しくギターを買った際にはここにでも載せます。

 

最近の話はこれくらいですね。また何かネタが貯まって、書く気が起きたら更新します。では。

バンドに新メンバー加入したりアー写やロゴを新しくした話

どうも。

俺のバンドが、メンバー増えたりアー写新しくしたりロゴ新しくしました。

 

編成は、ギタボ、ベースボーカル、ギター2人、ドラム。俺は曲によってベースも。


アー写はこれ。

f:id:fuzzdesuyo:20180203211436j:plain

お台場で撮ってもらいました。カメラマンは、「アプサラス」「我楽多東京」でキーボードを担当しているなまこむさん。あざっす。

 

 

ロゴはこれ。

f:id:fuzzdesuyo:20180203211625p:plain

 

すごくかっこいい。新メンバーの佐古に描いてもらいました。

ちなみにまだライブは決まってないです

 

以上。これからもよろしくおねがいします。

 

自分のバンドのこれからの話

どうも、ふぁずです。
こっちのブログを更新するのは随分と久しぶりです。インタビュー企画、想像よりも好評なようで感謝しかないです。
今日は、ここ1、2ヶ月の間に俺のバンドに起こったことについて、思ったことを書いていきます。長々と話すのは避けてましたからね。相当青臭い事とか書くと思うし、そういうのが合わない人は見なくていいんじゃないかな。



書くことというと、まあベーシストのあきさんが脱退した事に関してなんですが、まずこの脱退という結果になった責任というのは紛れも無くリーダーである俺にあります。「あきさんのことが好きだからオツキミを応援してくれてた」って人がいたなら、ごめんなさい。
普段のオツキミの製作は、俺とあきさんの二人で遂行してました。この製作のスタンスに問題がありまして、レコーディング期間中非常に厳しくあきさんに接してて、ミステイクを出す度に長々と説教するのはいつものことでした。そういう時に起こる摩擦って、その時には、リアルタイムでは気付きにくかったりするようです。作ることで頭が精一杯なんでしょう。
また、俺もあきさんも学生ではなく社会人なので、スケジュールって学生のようにはうまくはいかないものです。これって甘えだと言われると思う(実際俺もそう思います。)んですが、少しずつあきさんがバンドと向き合える時間だとか、レコーディングに向けて練習したりっていう行為が、プライベートや仕事の時間と折り合いが付けられなくなったようです。それは去年の春例大祭で出した新譜を製作したときから俺も少しずつ感じていたものでした。
このような事の積み重ねがあきさん自身の音楽へのモチベーションの低下に繋がったと思います。そしてそれに気が付かなかったり、気付いても放置していたり、そもそもでそういう気持ちにさせた自分に全責任を感じています。

あきさんの脱退についての説明は短いですが以上です。上記のとおり複数個理由があったりはするのですが、着地点は一つなので。


今後の活動ですが、まずメンバーについて。編成は今のところ誰がどうとかは明言できないのですが、新メンバーが・・・とか動きはあります。上記の事も踏まえ、しっかりとメンバーに対して良い接し方が出来ればな、と(当然のことですが)。それが今の自分の大きな課題です。

次に、音源製作ですが、現在春例大祭でアルバムが頒布できるよう製作中です。これは前々からアナウンスしていたことですね。間に合うかはわからないですが。申し訳ない。
そして、編成も変わったりするので、恐らく、楽曲やコンセプトなどのアプローチ、方針は変化するかもしれません。(もちろんいい意味でですし、軸はブレないです)それでも、オツキミを愛してくれたらそれはとても嬉しい事です。

そして、ライブですが、自分のプライベートがバタついてまして、それが落ち着き次第、頑張って来年中には一度やりたいとは思っています。遅くなったらごめんなさい。





オツキミは、2015年に結成、2016年5月に1stミニアルバムを頒布しました。この時は製作スタッフは俺だけでした。一人で製作ってすごくしんどかったけど、達成感は凄かったです。そんなに手にとってもらえなかったけど、いいスタートが切れたと今でも思っています。これが「第1期」だと思います。ミニアルバム頒布の前後であきさんと知り合い、加入してもらい、2016年秋に2枚のEP、2017年にEPとミニアルバムを1枚ずつ頒布しました。あきさんのおかげで俺の作る曲がさらに鮮やかになりました。彼女の力はとても大きなものだったと思います。これが「第2期」。
残念ながら第2期は終わってしまったけれど、次の第3期は、さらに良い作品を届けられると確信してます。精一杯これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。




編成の話とかの正式発表はもうしばらくお待ちください。そしてこの記事は、オツキミ全メンバーの総意ではありません。俺個人が思ったことですし、バンドの公式なアナウンスではありません。そこだけ、ご了承ください。

同人、アマチュアバンドマンにインタビューする企画、始めます。

はい、どうも。ふぁずです。

突然ですが、タイトルの通り、同人バンドマン、アマチュアバンドマンにインタビューする企画を始めます。

企画のタイトルは「アイデンティティー」にしました。

 

 

で、インタビュー内容は、機材に始まり、その人の音楽のルーツや、今やってる活動のこと、リリースの告知など…その人に合わせたインタビューをして、バンドマンの今を出来る限りお届けします。

 

機材の話も存分にしますが、リスナーの方々も楽しめるようなインタビューを心がけて、リスナーとクリエイターの距離を良い意味で近づけられたらなあ、と思います。

 

もちろん、自分が気になる方にインタビューの依頼をさせて頂きますが、「俺にもインタビューしてくれ」という連絡も大歓迎です。

 

連絡は、

fuzzeikyoあっとgmail.comか、ツイッターのDMかリプでお願いします!

 

 

んで、早速第1回は、東京・八王子で今年2月に結成されたばかりの東方アレンジバンド、「アプサラス」のギター・作詞・作曲担当の、「飴宍飴美」さんにインタビューをさせていただきます。お楽しみに。

秋M3新譜「ruins」セルフライナーノーツ

どうも、ふぁずです。

秋M3、スペースにお越し頂いた皆様ありがとうございました。ここ最近お騒がせしてしまったにも関わらず、温かい言葉を頂き嬉しく思います。


さて、セルフライナーノーツを書いていきましょう。



まず、今回の新譜の大きなポイントが1つあります。

今まで、クレジットの「コンセプト担当」の欄にメンバーの結月くんの名前がありましたが、実際には結月くんだけでなく、俺もコンセプトを考えてました。

しかし今回は、100パーセント結月くんだけでコンセプトを考えてくれました。(このアルバムが持つストーリー性、アルバムタイトル、曲タイトル、各曲のニュアンスetc...)

そして、結月くんからコンセプト案が来てから、俺がそのコンセプトを基に曲を作り上げ、あきさんにベースを弾いてもらい…という形で完成しました。

また、今回のジャケットの写真は俺が撮影したもの、ジャケットデザインはあきさんがやりました。


ちなみに今回の新譜のコンセプトは「衰退して行く都市」です。では、各曲の解説をして行きましょう。



1.Райский рай

タイトルは日本語で「失楽園」。この一曲目は、繁栄している都市を描いた曲です。では何故タイトルが失楽園なのか。

この都市は一見すると民の大多数が望んだ政策等が施行され、平和で不満の出ないような都市に見えるけれど、ごく少数の民には良いものに見えず、「こんな形での繁栄は望まない」「こんな都市は本当の楽園ではない」と思っているから。

まあ、こういう話、完璧に全員賛成なんて話はないですよね。

で、何も考えず賛成した民の気持ちを曲にしました。出来るだけ明るくバカっぽく。



2.光を射った君は今

この曲は、一見すると一曲目と地続きになってそうな明るめの曲ですが、平和な都市の影で弾圧される反対派を描いています。曲中のパーカッションは俺が演奏しました。

あとは、タイトルは某鬱ロックバンドの世界観を意識しました。



3.Hydra

平和な雰囲気は2曲めまで。この曲では、露呈する政府の黒い疑惑、そこを皮切りに民が政府に対して不信感を抱く様子を描きました。出来るだけゆったりで展開も抑揚をつけず退屈な雰囲気にしました。ストーリーのターニングポイントではあるけれど、登場人物には気持ち的な動きはあっても、物理的な動きはないはずですから。



4.影、消ゆ。

政府の黒い疑惑は、疑惑から確信に変わり、政府を擁護する人間はいなくなります。正に政府を守る影は消えたというわけです。

こうして政府vs全住民となり、抗争が始まります。その様子を描いたのがこの曲です。



5.ruins

そうして表題曲なわけですが、前半は抗争の激化、後半は抗争の収束を表現しました。お互いのエゴをぶつけ合った政府と住民は共倒れし、残ったのは、以前都市だった荒れ果てた街だけ。争いは何も生まないというわけです。



6.рай

この曲は、日本語で「楽園」というタイトルです。ストーリーの中心である反対派の1人が、一曲めで描かれたものではない、理想の都市を思い浮かべ、想いを馳せながら、現状に嘆きながら死に行く様を描きました。

初めて10分超えの曲を作りました。次は20分超えとかやりたいなあ。



てな訳で、「多数派の声ばかりが取り入れられる理不尽さ」や、「争いは何も生まない」こと、「他人と共存して行く事の難しさ」を念頭に置いて製作しました。


今回は、だいぶポストメタル感を増させることが出来たと思うし、今までで一番纏まりのある作品になったと思います。

また、原点回帰と称して、全曲インストにしました。



次回の新譜は、俺以外のメンバーが曲作りを担当する予定です。お楽しみに。では。