バンドマンがバンドの話をしないブログ(多分)

適当なことしか言いません。

自分のバンドのこれからの話

どうも、ふぁずです。
こっちのブログを更新するのは随分と久しぶりです。インタビュー企画、想像よりも好評なようで感謝しかないです。
今日は、ここ1、2ヶ月の間に俺のバンドに起こったことについて、思ったことを書いていきます。長々と話すのは避けてましたからね。相当青臭い事とか書くと思うし、そういうのが合わない人は見なくていいんじゃないかな。



書くことというと、まあベーシストのあきさんが脱退した事に関してなんですが、まずこの脱退という結果になった責任というのは紛れも無くリーダーである俺にあります。「あきさんのことが好きだからオツキミを応援してくれてた」って人がいたなら、ごめんなさい。
普段のオツキミの製作は、俺とあきさんの二人で遂行してました。この製作のスタンスに問題がありまして、レコーディング期間中非常に厳しくあきさんに接してて、ミステイクを出す度に長々と説教するのはいつものことでした。そういう時に起こる摩擦って、その時には、リアルタイムでは気付きにくかったりするようです。作ることで頭が精一杯なんでしょう。
また、俺もあきさんも学生ではなく社会人なので、スケジュールって学生のようにはうまくはいかないものです。これって甘えだと言われると思う(実際俺もそう思います。)んですが、少しずつあきさんがバンドと向き合える時間だとか、レコーディングに向けて練習したりっていう行為が、プライベートや仕事の時間と折り合いが付けられなくなったようです。それは去年の春例大祭で出した新譜を製作したときから俺も少しずつ感じていたものでした。
このような事の積み重ねがあきさん自身の音楽へのモチベーションの低下に繋がったと思います。そしてそれに気が付かなかったり、気付いても放置していたり、そもそもでそういう気持ちにさせた自分に全責任を感じています。

あきさんの脱退についての説明は短いですが以上です。上記のとおり複数個理由があったりはするのですが、着地点は一つなので。


今後の活動ですが、まずメンバーについて。編成は今のところ誰がどうとかは明言できないのですが、新メンバーが・・・とか動きはあります。上記の事も踏まえ、しっかりとメンバーに対して良い接し方が出来ればな、と(当然のことですが)。それが今の自分の大きな課題です。

次に、音源製作ですが、現在春例大祭でアルバムが頒布できるよう製作中です。これは前々からアナウンスしていたことですね。間に合うかはわからないですが。申し訳ない。
そして、編成も変わったりするので、恐らく、楽曲やコンセプトなどのアプローチ、方針は変化するかもしれません。(もちろんいい意味でですし、軸はブレないです)それでも、オツキミを愛してくれたらそれはとても嬉しい事です。

そして、ライブですが、自分のプライベートがバタついてまして、それが落ち着き次第、頑張って来年中には一度やりたいとは思っています。遅くなったらごめんなさい。





オツキミは、2015年に結成、2016年5月に1stミニアルバムを頒布しました。この時は製作スタッフは俺だけでした。一人で製作ってすごくしんどかったけど、達成感は凄かったです。そんなに手にとってもらえなかったけど、いいスタートが切れたと今でも思っています。これが「第1期」だと思います。ミニアルバム頒布の前後であきさんと知り合い、加入してもらい、2016年秋に2枚のEP、2017年にEPとミニアルバムを1枚ずつ頒布しました。あきさんのおかげで俺の作る曲がさらに鮮やかになりました。彼女の力はとても大きなものだったと思います。これが「第2期」。
残念ながら第2期は終わってしまったけれど、次の第3期は、さらに良い作品を届けられると確信してます。精一杯これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。




編成の話とかの正式発表はもうしばらくお待ちください。そしてこの記事は、オツキミ全メンバーの総意ではありません。俺個人が思ったことですし、バンドの公式なアナウンスではありません。そこだけ、ご了承ください。

同人、アマチュアバンドマンにインタビューする企画、始めます。

はい、どうも。ふぁずです。

突然ですが、タイトルの通り、同人バンドマン、アマチュアバンドマンにインタビューする企画を始めます。

企画のタイトルは「アイデンティティー」にしました。

 

 

で、インタビュー内容は、機材に始まり、その人の音楽のルーツや、今やってる活動のこと、リリースの告知など…その人に合わせたインタビューをして、バンドマンの今を出来る限りお届けします。

 

機材の話も存分にしますが、リスナーの方々も楽しめるようなインタビューを心がけて、リスナーとクリエイターの距離を良い意味で近づけられたらなあ、と思います。

 

もちろん、自分が気になる方にインタビューの依頼をさせて頂きますが、「俺にもインタビューしてくれ」という連絡も大歓迎です。

 

連絡は、

fuzzeikyoあっとgmail.comか、ツイッターのDMかリプでお願いします!

 

 

んで、早速第1回は、東京・八王子で今年2月に結成されたばかりの東方アレンジバンド、「アプサラス」のギター・作詞・作曲担当の、「飴宍飴美」さんにインタビューをさせていただきます。お楽しみに。

秋M3新譜「ruins」セルフライナーノーツ

どうも、ふぁずです。

秋M3、スペースにお越し頂いた皆様ありがとうございました。ここ最近お騒がせしてしまったにも関わらず、温かい言葉を頂き嬉しく思います。


さて、セルフライナーノーツを書いていきましょう。



まず、今回の新譜の大きなポイントが1つあります。

今まで、クレジットの「コンセプト担当」の欄にメンバーの結月くんの名前がありましたが、実際には結月くんだけでなく、俺もコンセプトを考えてました。

しかし今回は、100パーセント結月くんだけでコンセプトを考えてくれました。(このアルバムが持つストーリー性、アルバムタイトル、曲タイトル、各曲のニュアンスetc...)

そして、結月くんからコンセプト案が来てから、俺がそのコンセプトを基に曲を作り上げ、あきさんにベースを弾いてもらい…という形で完成しました。

また、今回のジャケットの写真は俺が撮影したもの、ジャケットデザインはあきさんがやりました。


ちなみに今回の新譜のコンセプトは「衰退して行く都市」です。では、各曲の解説をして行きましょう。



1.Райский рай

タイトルは日本語で「失楽園」。この一曲目は、繁栄している都市を描いた曲です。では何故タイトルが失楽園なのか。

この都市は一見すると民の大多数が望んだ政策等が施行され、平和で不満の出ないような都市に見えるけれど、ごく少数の民には良いものに見えず、「こんな形での繁栄は望まない」「こんな都市は本当の楽園ではない」と思っているから。

まあ、こういう話、完璧に全員賛成なんて話はないですよね。

で、何も考えず賛成した民の気持ちを曲にしました。出来るだけ明るくバカっぽく。



2.光を射った君は今

この曲は、一見すると一曲目と地続きになってそうな明るめの曲ですが、平和な都市の影で弾圧される反対派を描いています。曲中のパーカッションは俺が演奏しました。

あとは、タイトルは某鬱ロックバンドの世界観を意識しました。



3.Hydra

平和な雰囲気は2曲めまで。この曲では、露呈する政府の黒い疑惑、そこを皮切りに民が政府に対して不信感を抱く様子を描きました。出来るだけゆったりで展開も抑揚をつけず退屈な雰囲気にしました。ストーリーのターニングポイントではあるけれど、登場人物には気持ち的な動きはあっても、物理的な動きはないはずですから。



4.影、消ゆ。

政府の黒い疑惑は、疑惑から確信に変わり、政府を擁護する人間はいなくなります。正に政府を守る影は消えたというわけです。

こうして政府vs全住民となり、抗争が始まります。その様子を描いたのがこの曲です。



5.ruins

そうして表題曲なわけですが、前半は抗争の激化、後半は抗争の収束を表現しました。お互いのエゴをぶつけ合った政府と住民は共倒れし、残ったのは、以前都市だった荒れ果てた街だけ。争いは何も生まないというわけです。



6.рай

この曲は、日本語で「楽園」というタイトルです。ストーリーの中心である反対派の1人が、一曲めで描かれたものではない、理想の都市を思い浮かべ、想いを馳せながら、現状に嘆きながら死に行く様を描きました。

初めて10分超えの曲を作りました。次は20分超えとかやりたいなあ。



てな訳で、「多数派の声ばかりが取り入れられる理不尽さ」や、「争いは何も生まない」こと、「他人と共存して行く事の難しさ」を念頭に置いて製作しました。


今回は、だいぶポストメタル感を増させることが出来たと思うし、今までで一番纏まりのある作品になったと思います。

また、原点回帰と称して、全曲インストにしました。



次回の新譜は、俺以外のメンバーが曲作りを担当する予定です。お楽しみに。では。


自分のバンドのこの先の話

どうも。また1ヶ月ぶりの更新です。

 

今日はいつもよりまじめな話を。俺がやっているバンド「アオイツキヲミテタ(以下オツキミ)」の話をします。

 

オツキミは、2015年5月に俺と結月君で結成、程なくしてシロ太くんが加入、2016年4月にあきさんが加入。それと同時にその年の春例大祭から本格的に活動してきました。

1年くらいでなんだかんだで5枚(スプリットも合わせたら6枚)も音源を出してたようで。

応援してくださる方々のおかげです。ありがとうございます。

そんなオツキミは主に東方アレンジをして、その界隈で生かされてきたようなものなのですが、来年春の例大祭にて頒布しようと思っているベストアルバムをもって、東方アレンジの活動を一旦休止し、今までも少しづつ挑戦していたオリジナル楽曲製作により力を入れ、そちらメインで活動していくことにしました。

 

理由は色々あるんですけど、うまくまとめられない気がするのでやめておきます。聞きたい物好きな方は、直接聞いてください。

 

一応今決まってたり、やる予定のスケジュールは、

 

10/29 秋M3サークル参加(O-21b。ミニアルバムを出します)

3月頃 スタジオライブを主催する予定です(会場が、まだ3月の予約を受け付けてないらしい)

5月  春例大祭で東方アレンジのベストアルバム出したい

 

 

こんな感じです。来年5月以降は、暫くオリジナル曲しか作らないけど、それ以外に何か大きな変更点はないです。今のところは。

 

ちなみに、俺自身は東方アレンジの製作は始動予定の個人サークルで継続していく予定です。

 

そんな感じで、ちょっとした報告は以上です。

 

最近は、バンドの寿命(ウチに限ったことではないです)とか、活動ペースとか、まあ色々考える機会があった(別に特段ウチのバンドが何かの危機に直面している訳ではないです)のですが、それについて書き始めてしまうと、ものすごく長くなってしまうので、また今度。

 

とりあえず、今は自分たちが納得できる環境で作品が作れるようにしたいですね。その第一歩が冒頭の報告であったり、ここ最近考えてたことやメンバーと議論したことです。

ずっと突っ走ってきた分、少し疲れが出てきていると思います。俺は自分のバンドが唯一無二だと思っているし、大好きなので、だからこそ好きなことは疲れた状態で中途半端にやりたくないので。好きなことをやることは、熱量がすごい分作り上げたり終わった後の達成感と同じくらい体力と気力が奪われると思いますよ。「好きなことやってんだから文句言うな」みたいな昨今の風潮が好きではないです。

 

…話めっちゃ逸れて来たので今日はこの辺にしときます。別に活動をやめるわけではないし、これからもがんばるのでよろしくお願いします。

では。

ポエトリーリーディングってなあに。

どうも。1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。最近は体調を崩してました。遊びの予定は無理矢理決行しましたが、作業が1ミリも進んでないです。はっきり言ってやばい。秋M3当選したんだよやべえよマジ。作業の進捗半分以下だよ。

 

それはさておき、今日は「ポエトリーリーディング」というものについてお話をします。唐突な話題換えで申し訳ないんですが、久しぶりに文章を考えてるので、色々なまってるので許してください。

 

というわけで、今回のテーマに戻りましょう。

まず、ポエトリーリーディングって何?って感じだと思うんですけど、すげえ雑に言うと「曲やリズム(ヒップホップぽいトラックが主流なようです)にのせて詩を朗読する」ことを言うんですね。ラップともまた違う。

普通のヒップホップよりも俺はポエトリーリーディングの方が好きです。自分のバンドでも取り入れてます。

 

そもそもポエトリーリーディングを知ったきっかけは、こちらのMVでした。

www.youtube.com

 

元々DAOKOちゃんが好きで色々掘り下げてたらこの曲に出会ったのですが、再生した瞬間「これだ!」と。

儚くて透き通るようなdaokoちゃんのコーラスとトラック、そして「湧き出す」「溢れ出す」という表現が相応しい、躍動感を感じる不可思議/wonderboyのポエトリーラップ。リリックも、大人なら胸をきゅっと締め付けられてしまうようなエモさがあります。

 

こっちもおすすめ↓

www.youtube.com

 

 

で、じゃあ、ポエトリーリーディングってヒップホップ周辺にしかない文化なのか?っていうと、案外バンドものでも普及してます。

 

例えば…

 

www.youtube.com

 

最近売れてるMOROHA。暑苦しいポエトリーラッパーとアコギの組み合わせが斬新。曲のエモさに関しては、不可思議/wonderboyがきれいなエモさなら、MOROHAは生活感溢れすぎて汚い暑苦しいエモさ。一聴の価値あり。

 

 

そして、

 

www.youtube.com

 

アイドルまでポエトリーする時代。アイドルにあんまり興味ないけどこの曲は好きです。

 

あとはamazarashiは結構ポエトリー曲あったり、世の中案外ポエトリー要素のある曲って多いはずです。

興味を持ったら色々探してみては。そこからヒップホップにも飛べるし、バンドものにも飛べるし、案外色んなジャンルの分岐点になっているかも知れません。

都内のおすすめのラーメン屋

どうも。ブログを更新する意欲が高いから今日も更新します。

 

皆さんは、ラーメンは好きですか?俺は好きです。俺の持つ特徴の中で一番バンドマンっぽいかもしれない。なんでバンドマンは皆ラーメンが好きなんだ?これ、割と謎深くないですか?

 

そんなことは置いておいて、早速おすすめのラーメン屋を紹介していきたいと思います。対象は都内のラーメン屋。食べすぎで3年で15kg太った俺が言うんだ、信じてほしい。

それじゃ、レッツゴー。(本当は画像とか貼りたいけど、お店の情報のURLだけで我慢してね)

 

 

 

・RAMEN GOSSOU(新宿区・早稲田)

https://www.facebook.com/ramengossou/?rf=881984818565065

↑公式フェイスブック

 

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13190212/

食べログ

 

まずはこの店。すげえうまいんですよ(語彙力)

スープは濃厚な魚介系、麺は中太ちぢれ麺。そしてですね、チャーシューが独特で。普通のチャーシューって、ほろほろでちょっとぱさっとしてるのがデフォルトですけど、ここのはしっとりやわらか、ジューシー。マジで他にはない感じです。香り高いし。今一番おすすめ。

 

 

・眞久中(新宿区・早稲田)

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13187740/

食べログ

 

GOSSOUと同じ通りにある店。所謂二郎インスパイア。でも、ただのインスパイアじゃないんです。麺の太さが尋常じゃない。そして旨い。そして店員さんが皆優しい(ここが重要だったりじます)。

 

 

・めん徳 二代目 つじ田 飯田橋店(千代田区・飯田橋)

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13058429/

食べログ

 

有名店。泣く子も黙るつじ田。とにかく麺がつるつるしててコシがあってうまい。店内の雰囲気もいいですよね。

つじ田は近場に点在してるので、制覇を目指すのも楽しいですね。

 

 

・鶏王けいすけ 秋葉原店(千代田区・外神田)

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13152221/

食べログ

 

ここ、知り合いのバンドマンにおすすめされたんですけど、すごいうまいっす。

あっさりな塩ラーメンにでっかい骨付き肉が乗って結果としてデブラーになってるの面白いし好き。うまいけど大きめの機材持って入ると置き場所に困ります。

 

 

・いとし家(立川市・錦町)

https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13173853/

食べログ

 

立川のらーめんたま館内にある家系ラーメン屋。立川マシマシも同じ館内にあるけど今回はこちらをおすすめします。

家系といえばこってりしまくっててヘビーですけど、ここのラーメンはそれなりに食べやすいです。かといってパンチは失ってない。濃い味が大好きなよくばりさんは濃い目を頼んだ方が良いでしょう。

唯一の欠点は、席数が少ないこと。(立地というか建物内に複数店舗が営業してるから致し方ない)

 

 

 

 

以上。途中で疲れて書くのやめそうになりました。

 

気分転換に、今日のおすすめの1曲。どうぞ。↓

www.youtube.com

 

 

 

 

ポストメタルって何さ

どうも。久しぶりの更新。俺は三日坊主のプロなので、こうして更新されるだけでもすごいと思って…って、この記事が3個目か。

 

 

さて、俺は普段「ポストメタル」というジャンルの要素を微かに含んだバンドをやっています。

多分日本人には馴染みのないジャンルですよね?多分本場でも盛り上がってるジャンルじゃないだろうし。え?知ってる?今更うるせえ?ディスクユニオンに1日中居るような人なら知ってるかもしれませんねえ。でもね、自分が知ってる事=世の中の人の大半が知ってる事って訳じゃないのよ。

 

というわけで、ポストメタルってどんなジャンルなのかを大雑把に紹介した後、オススメのバンドを紹介します。

 

 

・ポストメタルってなあに?

 

簡単にいってしまうと、メタル(スラッジやドゥーム)にポストロックやシューゲイザーのノリ、特徴を混ぜた滅茶苦茶なジャンルです。ウィキペディアにもおんなじようなことが書いてある。

 

俺が人にポストメタルを説明するときは大体

・バンドによって多少の差はあるものの、大抵はスロー、まったりもっさりした展開(スラッジ、ドゥームメタル的要素)

・バンドによってはクリーントーンや空間系エフェクターを駆使した幻想的、印象的なフレーズを入れてくる(ポストロック的要素)←ジャンルの初期の頃にはあまり見受けられない

・ギターが轟音。音の壁。(シューゲイザー的要素)

 

って言ってます。大体の人は納得してくれてるはず。

あ、ポストメタルの起源とかはウィキとか見てください。こういう記事書いてる人ほかにもいっぱいいるし。

 

ちなみに俺が何故ポストメタルが好きかって、結局バンドによって違いはかなりあるんですが、メタルもポストロックも好きで、シューゲも聴くようになった時期に、それらすべてを合わせたジャンルであるポストメタルに出会ったってのがデカいです。

まあ、かといってポストロックが好きな人が好きな人が聴いても、この二つのジャンルって意外と距離感は遠いかもしれないです。あくまでも、メタル派生のジャンルですから。(かといってメタラーからの支持も微妙だとどこかで聞きました。どうなってんだこのジャンル)

 

 

・オススメのバンドは?

 

俺はここで自分のバンドを勧めるほどがめつくはないです。ここでは100パーセント俺の趣味の話しをします。

 

じゃ、いってみよー。

 

 

・Pelican

 

www.youtube.com

 

まずはPelicanというバンド。俺が初めて聴いたポストメタルバンド。多分聴きやすいです。これからポストメタル掘り下げていきたい人にオススメ。

 

初期は泥臭い、本当にドが付くようなポストメタルバンドだったんですけど、近年の楽曲は割りとポストメタル的要素の割合が高くなってきています。

 

 

・Jesu

 

www.youtube.com

 

次はJesu。俺が知っている中では」、一番シューゲ要素の割合が高いバンド。この気だるさのある曲調とボーカルにハマッて抜け出せなくなる人、いるはず。

そして、もちろん音はこの上なくヘヴィで、汚い(褒め言葉)です。

 

 

・In the Silence

 

www.youtube.com

 

プログレとかに分類されがちなバンドなんですが、バンドのバンドキャンプのタグにポストメタルってあったし、俺もポストメタルだと思うので。何よりかっこいいからオススメしたい。

いやあ、美しすぎでしょ。よくこんな綺麗でいて凶暴な曲を書けるな、と。

ポストメタルの良さは、静と動がはっきりしたところ、「動」の部分がこれでもかと爆発した時にあると思います。

 

 

・If These Could Talk

 

www.youtube.com

 

このバンドは、ポストロック色が非常に強いですが、ポストメタルバンドでもあります。俺はそう思う。一番好きかも知れないですね。とにかく最初はクール。でも絶対後半は展開がアツい。

 

 

・Isis(band)

一応PV内で人が飛び降りるシーンとかあるから閲覧注意です

www.youtube.com

 

最後は今は亡きポストメタルの王、Isis。あのイスラム過激派組織じゃないです。

このバンドを紹介しないと終われないです。言葉はいらないです。これこそポストメタル界の王者なのです。

 

 

 

以上です。気に入ったバンドはありましたでしょうか。あったら嬉しいです。何せ、ジャンルが瀕死の状態ですから。

 

数年前に、ポストメタルの一時代を築き上げ、王者となったIsisが解散、メンバーのアーロン・ターナーが立ち上げたハイドラヘッドレコーズは一度運営を止め(今は復活しています)…。このどん底から這い上がりきっているかわからない状態。はっきり言って王者のいない状態。

この記事が少しでもポストメタルの知名度向上に繋がり、発展の手助けになれたらと思います。アングラなジャンルだけど、人が集まらなさ過ぎてジャンル自体が死ぬのは嫌だからね。

 

では。